こうして納入!無理をしない相続税軽減プランとは?

相続税に立ち向かうためには何よりも準備が大切!

平成27年1月1日から改正相続税法が施行され、相続税の基礎控除額は4割縮小しています。この改正によって相続税の対象になる人が以前の倍近くにまでとなっていまい、範囲が広がっています。これまでは税金のかからなかった方も相続税対策について真剣に取り組まなくてはいけなくなっています。しかし具体的には、どういう対策を取ればいいのでしょうか?。
新たに相続税の課税対象になる方は、例えば都市部の地価が高い地域で戸建てのマイホームを所有しそれなりの資産をお持ちの方などです。こういった方にまずお勧めしたい対策は、被相続人として遺言を遺しておくことです。土地の相続には分割しにくい資産がかなりの割合を占めています。おれによって相続時にトラブルが起こりやすくなり、相続税の準備や軽減対策をたてるどころではなくなる場合あります。その前に相続によるトラブルを未然に防ぐことが重要になってくるのです。

公正証書遺言なら何が来ても大丈夫!

遺言は法律の定めに従った方式で作成されなくては正式な遺言とは認められず、無効と判断されます。遺言の方式というものは法律で厳格に定められているので、そういったリスクの少ない「公正証書遺言」をお勧めします。公正証書遺言は、公証人や弁護士などいった法律の専門家に作成を依頼することができます。この公正証書遺言は、原本を公証役場で保管してくれますので、万が一災害などで公正証書遺言が失われても復元ができる原本の二重保存システムがとられています。裁判所による遺言書の検認手続きも必要ありません。
相続税の負担を軽減する措置の中には、遺産となる資産の種類やその用途を定められているものがあります。被相続人が遺した遺産を誰が受け取りどう使うかが予め決まっていることで、相続税対策がたいへん準備しやすくなるのです。